プリザーブドフラワー

生花を脱色脱水し、着色保存液を吸わせて、1〜3年美しいまま、
花を楽しめます。
花だけでなく、葉や、野菜等も、加工可能です。
歴史は、ヨーロッパで開発され、1987年に完成、数年後に、海外で、 販売されました。

保存方法

直射日光・高温多湿の場所は、おさけください。
湿気を多く含むと、花びらが、半透明になる場合がございますが、乾燥しましたら、元に戻ることが多いですので、乾燥した部屋へ移動をお勧めします。
また、切り口より、着色液が染み出る場合がございますので、衣服等にお気をつけください。

日本バイオフラワー協会

当スクールにて、日本バイオフラワー協会の講師資格が取得できます。
家庭用のプリザーブドフラワー液、プリザーブドフラワー花材を販売している会社が、運営しております。
そのため、新商品(ルミナスローズ・レインボーローズ)等の使用方法等、どこよりも詳しく勉強できます。
また、資格取得後も、講習会・展示会等もあり、アフターも勉強できます

プリザーブドフラワー液

当スクールにて、使用している、生花からプリザーブドフラワーを作る液です。
A液で、生花を脱色脱水し、B液で、着色保存液を吸わせます。
AB液が一緒になった「らくらく液」もございます。(バラ・アジサイ等)
パステルカラーを作る「パステルカラー液」AB液
自然の色をそのまま残す「ビオナチュレ」αβ液

プリザーブドフラワー制作工程


生花を華首だけにします。

脱色脱水液に漬け込みます。

数時間後、脱色脱水が出来た地点で上げます。

着色保存液に漬けます。

数時間後、脱色脱水液で、ぬめりを取ります。

乾燥させて、完成。

 

[★高収入が可能!WEBデザインのプロになってみない?! Click Here! 自宅で仕事がしたい人必見! Click Here!]
[ CGIレンタルサービス | 100MBの無料HPスペース | 検索エンジン登録代行サービス ]
[ 初心者でも安心なレンタルサーバー。50MBで250円から。CGI・SSI・PHPが使えます。 ]


FC2 キャッシング 出会い 無料アクセス解析